審査

信用情報機関のデータ

消費者金融やキャッシング会社といった金融業者は、審査の際に信用情報機関からの個人データを取り
寄せて、与信審査を実行していますが、信用情報機関を利用する金融業者は情報を取り寄せるのみでな
く、情報を提供する任務も担っています。

消費者金融業者では、たとえ借り入れ額が少額であって、必ず信用情報機関へ登録することが義務つけ
られており、それらはすべて信用情報機関へ登録管理されています。

このように各金融業者から提供されるデータの蓄積によって、信用情報機関は成立しているといっても
いいでしょう。

そうやって蓄積された個人信用情報機関のデータには、「ホワイト情報」と「ブラック情報」があり
ます。

ホワイト情報とは、お金を借り入れしたり、カードを利用したりして買い物をした購買データを指し
ます。

ブラック情報とは、自己破産をしたり借り入れの延滞や焦げ付きを指します。「事故情報」「ブラック
リスト」というのは、このブラック情報のことを指します。

信用情報機関に蓄積されたブラック情報については、様々な機会を通じて、問題債務者への注意を喚起
しています。

0

精度の高いデータベース

消費者金融業者が利用する全情連の信用情報データは、かなり精度の高いものになっています。

前述したように、貸金業者はたとえ少額であっても利用があれば必ず信用情報機関へ登録することが
義務付けられていることから、そういったデータが長年にわたって蓄積されています。

したがって、制度の高い信用情報が利用できることが、審査の迅速化にもつながり、即日融資など
のサービスに繋がっています。