金融業者

消費者金融のマナー

借り手責任とは

消費者金融の融資に伴う責任のことです。貸し手の信頼を損ない、契約で締結した融資を中止したり、あるいは回収したりして融資に当たって弱者を差別したりした場合、貸し手責任を追及されることがあります。

また、貸し手は借り手の返済能力や返済の意思を十分確認せず信用を供与してはなりません。金融機関の利益のためのみに貸し出しをしたり、加盟店と結託して借り手を騙すような行為をしてはなりません。

弱者を守り育てるのが金融業者の貸し手責任なのです。アメリカでは貸し手責任が認められるのは、「契約違反」「誠実義務違反」「開示義務違反」「契約」「ビジネスへの不法な介入」といったケースです。

過剰融資

消費者の返済能力を超えたお金を貸し付けることを過剰融資といいます。すでに他社から借り入れをしている多重債務者と知りつつ、融資を実行するといったケースが典型です。