消費者金融

証明書の提出

年収証明の義務

2010年6月に施行された貸金業法改正(総量規制)によって、一部の人に対して新規借入の際に年収証明の提出が義務化されました。対象となるのは以下に該当する人です。

  1. 一社から50万円を超過する借入をする場合。
  2. 2つ以上から借りている場合は、借入額の合計が100万円を超えている場合。

年収証明は以下のような書類になります。

  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 支払い調書
  • 納税通知書
  • 確定申告書

会社に勤めるサラリーマンなら源泉徴収票が簡単でいいと思います。また、自営業の人は納税通知書か確定申告書になります。

例外として、夫婦共働きの場合、配偶者と収入を合計して、世帯年収の三分の一まで融資を受けることが可能です。その場合は、配偶者の同意書と住民票、更には夫婦であることを証明する書類が必要となります。

0

同意書の提出

総量規制が施行される以前は、所得の無い専業主婦でも夫名義で金融業者からキャッシングをすることが可能でした。しかし、改正法が施行されて以降、専業主婦が独断でキャッシングをすることが出来なくなりました。

これは、一部の主婦が夫に無断でブランド物などを買い漁って破産に追い込まれたりしたことが理由です。

専業主婦が金融業者を利用するためには、夫の同意書が必要となります。その上でさらに以下の書類が必要となります。

  • 夫の同意書
  • 年収証明書
  • 住民票
  • 夫婦であることを証明する書類

ここまで面倒な手続きをしてまでお金を借りたいと思う専業主婦は、余程お金に切羽詰まった人でしょう。今までは簡単にお金が借りれたからついつい借りてしまっていたのであって、ここまで手続きが複雑化すればそういった安易な借金をする人も減っていることでしょう。