闇金融

違法業者に注意!

いくら金策に窮していても、違法業者(闇金融)からは絶対借りてはいけません。違法業者は貸
金業者が義務付けられている貸金業登録をしていませんので、貸金業規制法といった法律にも無
頓着です。

上限金利然り、取り立て行為といった、本来なら規制法で守られているはずの重要な部分が、彼ら
にはまったく通用しないのです。まるで「自分たちの決めたことがルールだ」と言わんばかりに。

彼らの手口は、支払い苦で弱り切った多重債務者をピンポイントで狙ってきます。お腹を空かして
今にも死んでしまいそうな動物の前に、ポンと餌を置けばどんな動物でもガムシャラになって食い
ついてくるはずです。

それと同じで、多重債務で金策に困っている人の前に、融資の甘言をすればダボハゼのように食い
ついてくることは、自明の理です。もはやそこまで追い込まれている人間には、違法業者かどうか
といった判断は二の次で、目の前のお金が重要なことなのです。

0

闇金融の広告

ヤミ金融は多種多様な手段を使って、融資を持ち掛けてきます。一番多いのは多重債務者を狙った
ダイレクトメールです。不正な手段を講じて入手した多重債務者リストを活用して、甘言を施した
内容のDMを送付してきます。

DMは新聞広告のように内容についての規制がないことから、自由に文章を使用することが可能
です。したがって、彼らの送付するDMでは以下のような虚偽の文章が平然と書かれているので
す。

  • 自己破産者や債務整理経験者でも融資可能
  • ブラック歓迎
  • 多重債務者の方は低利での一本化がおススメ!

多重債務者が上記のような文章を見れば、我を忘れて飛びついてしまうような内容です。

もちろん、書かれていることは虚偽の何物でもないのですが、「万が一、本当なら?」とわずかな
期待を込めて連絡をしてしまうのが、多重債務者の悲しい性です。

DM以外でも、スポーツ新聞、夕刊紙、パチンコ雑誌、捨て看板、電話ボックス張り込みチラシ、
折り込みチラシ、週刊誌などがありますが、新聞広告や折り込みチラシは貸金業登録業者のみに限
定されています。